会社説明会
現場見学会
会社説明会
現場見学会
「トラガール」全力応援宣言!女性トラックドライバー「トラガール」って?
最近、女性トラックドライバーの活躍に注目が集まっています。トラック運送の業界は女性の進出が遅れていることから、国土交通省は2014年をトラックドライバーの「人材確保・育成元年」と定め、女性ドライバーを「トラガール」と名づけて様々な取組を開始しました。自動車局ホームページ内には「トラガール推進プロジェクトサイト」も開設され、全国のトラガールの活躍する様子を掲載中です。服島運輸も協力企業として積極的に支援しています。
トラガール促進プロジェクト
トラガール
トラガール促進プロジェクト
服島運輸の取り組みについて
服島運輸では全日本トラックドライバー・コンテスト優勝者による直接指導や他部門の未経験者でもトラックドライバーへ挑戦可能な環境整備など、女性トラックドライバーの育成に関して新たな取り組みを開始しています。ちなみに、「全日本トラックドライバー・コンテスト」は、1969年から毎年開催されている歴史のある本物のプロによる全国大会です。上位者は、30代と40代が多く、まさに次代を担うプロフェッショナルが集う全国大会です。まったくの未経験者でも、自ら「稼ぐ力」を上げるために決断し行動する皆さんをしっかりサポートしています。服島運輸から数多くの「名人」を輩出し、地域に貢献し続ける服島運輸であり続けることを約束します!
服島運輸の取り組みについて
当社女性スタッフ
当社女性スタッフの「プロドラ(プロドライバー認定講座)」体験記
当社女性スタッフの「プロドラ(プロドライバー認定講座)」体験記
現在、倉庫管理スタッフとして活躍している山本さん。フォークリフトを操縦して行う商品の積み降ろし、入出庫作業、倉庫整理などを担当し、仕事に誇りをもって元気に働いています。山本さんは入社してから半年後、ステップアップを目指してJTDO(一般社団法人 日本トラックドライバー育成機構)のプロドライバー認定講座に挑戦しました。JTDOとは荷主に信頼され仲間から尊敬されるプロドライバー、通称「プロドラ」を認定する唯一の公的機関です。愛知県のJTDOトレーニングセンターで開催されたプロドラ3級(ブロンズ)認定コースの体験談をレポートします。
体験者プロフィール
山本 泉  平成26年12月入社 倉庫管理スタッフ
子どもの頃から運動が大好きで身体を動かせる現場で働きたいと入社。ご主人と二人のお子さんの協力を得て、仕事も家事もがんばる女性社員のホープ。
体験者プロフィール
山本 泉  平成27年12月入社  倉庫管理スタッフ
子どもの頃から運動が大好きで身体を動かせる現場で働きたいと入社。ご主人と二人のお子さんの協力を得て、仕事も家事もがんばる女性社員のホープ。
まずは運転の基本から
プロドラ3級は、新人ドライバーやドライバー職を目指す人向けの1日コースで、全日本トラックドライバー・コンテスト優勝者に直接指導を受けます。午前中は座学で運転の基本を学びました。難しい法令なども講師の方々の面白い解説で、すぐに理解できました。運転する際の座る位置、足の角度などを正しい姿勢にすると長時間運転も楽にできることを知り、日常の運転にも役立てたいと思いました。
まずは運転の基本から
安全点検の重要性を再認識
午後の実技ではトラックのボンネットを開けて各部を確認し、オイルを点検しました。タイヤをハンマーで叩き、音を聞いて空気圧を判断する実技が難しかったです。一見単純に見える安全点検ですが、本物のプロの「型」と「スピード」を体感することができました。運転前の点検がとても大切なことを改めて身につけました。日々乗っているフォークリフトの日常点検も、さらに徹底しようと決心しました。
安全点検の重要性を再認識
プロドライバーへの挑戦を決意
すべての座学と実技が修了してプロドラ3級の認定証書を受け取りました。今回、トップレベルのドライバーの実力を目の当たりにし直接指導を受けたことで、プロのトラックドライバーに対して強い憧れを持つようになりました。そして、女性の私でもドライバーとして「稼ぐ力」を身につけ、活躍できると確信できました。
プロドライバーへの挑戦を決意

ページトップへ