会社説明会
現場見学会
会社説明会
現場見学会
地場配送ドライバー
倉庫管理スタッフ
服島運輸に決めたワケは?
服島運輸に決めたワケは?
高校時代に野球部だったので、体力には自信がありました。運送業なら、その長所が活かせると思って就活の先生に相談すると、「服島運輸がいいぞ!」と勧められたがきっかけです。採用になったときは両親も安心して、すごく喜んでくれました。
じつは入社前、こんなに大企業なんて思ってもみませんでした。大手出版社の雑誌書籍やインスタントラーメンなど大手食品メーカーの商品を山陰各地に運んでいることも知りませんでした。商品を保管する倉庫は、想像をはるかに超えた巨大さで本当にびっくりしました。
入社後は、まず倉庫の仕事を手伝いながら取扱商品を覚えていきます。僕は自動車の運転が好きなので最初はドライバー志願でしたが、働くうちに仲間とチームワークを発揮して仕事を進める倉庫保管業務が気に入って、引き続き担当することにしました。
横川 和希
仕事の中のやりがいと苦労は?
仕事の中のやりがいと苦労は?
今は金属会社のお客さまを担当させてもらい、鉱石原料を詰め込んだ1トン以上あるコンテナを荷受したり、配送トラックにフォークリフトで積み込んだりしています。1トン以上の荷物を扱える大型フォークリフト運転の資格は、うちの会社から補助を受けて取得しました。社員一人ひとりの資格取得を応援し、費用面や講習でしっかりサポートしてくれるのでありがたいです。
倉庫内では数台のフォークリフトが動き回っています。自分だけのことを考えていると他のフォークリフトの動きを妨げることがあって、常に仲間が何をしているのか、どれだけ仕事が進んでいるのかを考えながら運転しなければなりません。そこが難しく、日によって扱う荷物も違うから大変ですが、仕事がスムーズにいくと嬉しいですね。「今日は調子がいいぞ!」というときは、仲間が一つになっている証しなのでやりがいを感じます。
横川 和希
プライベートタイムの楽しみ方は?
プライベートタイムの楽しみ方は?
倉庫保管業務には日勤と夜勤があって、自分の生活に合わせて選ぶことができます。僕は日勤にしてもらい、仕事が終わった夜はプライベートな時間を楽しんでいます。また、日曜日と祝祭日が休みなので、休日には彼女とドライブを楽しんだりしています。
野球が趣味で社会人チームに所属しているため、休日は試合に出場することも多いですね。小学校4年生から野球をしているので、将来はスポーツ少年団の監督かコーチをやってみたいです。今の仕事なら、それも実現できると思います。
横川 和希
会社の自慢できるポイントは?
会社の自慢できるポイントは?
本音をいうと、入社前は不安でしかたがありませんでした。でも、うちの会社は人と人の関係がよくて、社長も先輩も事務の方も気さくに話しかけてくださり、すぐに不安は消え失せました。当社の自慢は、人がいいところです。みんな優しい人ばかりで、みんないつも笑っています。たぶん人間関係で苦労はないと思います。
もちろん、仕事で叱られることはあります。でも、指摘をしてもらったおかげで、フォークリフトの技がメキメキ上達しました。僕は口で説明するのが苦手なのですが、これからは先輩社員として丁寧に教えることも頑張りたいと思っています。
横川 和希
 
倉庫管理スタッフの仕事紹介ページ

ページトップへ